「終戦記念日にあたって~平和を考える~」

8月15日を迎えて

毎年のことですが、8月6日、9日、そして今日と戦争と平和について考えさせられます。

平和記念公園で小学生に原爆投下日を聞いたとのこと。

広島に投下された日を知っていたのは5割弱。長崎は3割弱だそうです。

あまりに多くの子どもが知らないこと驚きます。

戦争体験者の減少が

私が自坊に帰ってお参りを始めた18年前。

3地区の戦没者追悼式に参加していました。

宗派を問わず仏教寺院が集まり追悼法要を勤める地区もあり。

仏教式と神道式を併せて勤める地区もあり。

しかし、現在呼ばれるのは1地区のみ。

戦後70年以上を経て、体験者、関係者が多く亡くなられたこと。

市町村合併もあり、市の行事に一本化されるなど、行う地区が減ってきたようです。

「ありがとう」ではなく「すみません」

今年はオバマ大統領が広島を訪れました。

初めて現役大統領が訪れたこと、被爆者との抱擁が感動的だったと評価する意見もあり、

原爆投下の過ちを認めていない、核廃絶の道筋を示さなかった、との否定的意見もあるようです。

以前、広島での現地学習に参加しました。

そこで印象深かったのが、ある被爆体験者のお話。

「私たちは大々的な平和式典を行うのではなく、わが家の仏壇の前で「すみません」と手を合わせているのです」

それは、このことが一般的なことではなく、私自身のことであるからでしょう。

英霊に感謝する、という方がおられます。

しかし、私が出会った体験者は、感謝するのではなく、懺悔しているのです。

戦争を止められず戦地に送り出してごめん、私だけ生き残ってごめん、と。

 

安らかに眠ってください 過ちは繰り返しませぬから

時々話題に上がる、原爆死没者慰霊碑の文章。

photo1

以前、この言葉の主語は誰なのか、と論争がありました。

原爆を落としたアメリカ人なのか、それとも私たち日本人なのか。

この言葉は、人類すべての心として受け取るべきものです。

どちらが加害者、被害者なのか、という争いを超えなければ平和はありません。

「何人ということではなく、一人の人間として出会っていかなければならない」

との言葉も心に残りました。

ノーベルの作ったダイナマイトは炭坑作業を楽にするために作られ、のちに兵器に利用された。

核兵器は最初から兵器として作られた、人類として過ちである。とも聞かされました。

仏教の回向の心

浄土真宗でお勤めの最後に回向句があげられます。

「願以此功徳 平等施一切 同発菩提心 往生安楽国」

この功徳を平等にすべての人々に施し、さとりへの心を発こして安楽な世(浄土)を願うのです。

国の平和と個人の平和を

平和とは国家間の争いが無くなれば得られるものではありません。

テロという国にとらわれない戦争もあります。

また、個々人の苦しみも平和を妨げます。

ですから仏教が説く、心身の平穏が平和に不可欠なのでしょう。

仏教の教えが平和に貢献できますよう「南無阿弥陀仏」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です